水道工事で必要となる資格

水道 工事にはさまざまな種類があり、必要な資格はその都度異なるものです。その作業を請け負うために必要な種類の条件を満たしているかどうかを確認することが悪徳業者を避けるために重要です。

■水道 工事は3種類

水道 工事は大きく分けると給水管引込、屋内配管、下水道排水設備の3種類があります。これらの水道 工事は専門知識がない人は行うことができません。そして、肝心となる資格の一つであるのが給水装置工事主任技術者です。技術上の管理や技術上の指導監督が行えるようになる国家試験に合格しないといけません。給水装置作業の責任者になるためでもあります。
下水道排水設備工事責任技術者は排水設備の工事の指定工事店に任命されるために必要です。水道技術管理者は水道の維持管理を行うのが主な仕事内容になります。

■安心して依頼ができるかどうかの理由

水道 工事を依頼する業者を選択するにあたって、安心して依頼ができるかどうかが大きな問題になります。料金、アフターサポート、無料保証、クーリングオフなどのさまざまな要素があるものの、作業に必要な条件を満たしているかも大きな問題です。悪徳業者の場合は必要な条件を満たしていない場合もあるため、注意しなければなりません。

■まとめ
水道 工事で必要な資格を有しているのは当たり前であるものの、悪徳業者の場合は有していない場合もあります。資格の有無は安心して依頼ができるかどうかの理由になるので、ホームページをチェックして問題ないかを確かめましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ