水道工事と施工に必要な資格

水道工事業者に依頼して水のトラブルを解決するときには、施工するにあたって必要な資格がいくつかあります。ほとんどの水道工事業者ではこの施工するにあたって必要な資格を有しているものの、悪徳業者の場合はない可能性もあります。そのため、何が必要な資格であるのかを把握する意味は大きいです。

■それぞれの資格について

給水装置工事主任技術者は水道工事を行うときに立会人になるために必要な資格です。水道工事を行う際、監督者には絶対に必要な資格となります。
下水道の工事をしたい業者にとって不可欠の資格となるのが下水道排水設備工事責任技術者の資格です。水道技術管理者の資格は水道施設の検査や水質の検査などを行うために必要な資格となります。

■必要な資格を有している安心感

施工に必要な資格を有しているかどうかはあまり意識していない人が大半です。しかし、数多く存在する水道工事業者から選択をするにあたって大きな問題になります。指定工事店の認可を受けるためにこれらの中で必要になる資格もあります。
安心して依頼できるかどうかを判断するにあたって、どういった資格を有しているのかを知ることも大切であると覚えておいた方がよいでしょう。

■まとめ
水のトラブルを解決できる水道工事業者の中には悪徳業者も少なからずいるものです。施工を行ううえで必要な資格を有しているかどうかは一つの基準になるのは間違いありません。まずはホームページをチェックしてみましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ